彼も気にいる結婚指輪とは?

結婚指輪のデザインは

結婚指輪は結婚した二人がそれぞれ左手の薬指にはめるものです。普段、アクセサリーを身につける習慣のない男性もこれから先、ずっとつけて過ごすものなので、抵抗感なくつけられるものが好まれるようです。
一番オーソドックスなのは、シンプルなストレートデザインのものです。素材や幅によって印象が変わってきます。一般的な素材としては金やプラチナです。配合する金属によって色合いも異なってきます。指輪の表面加工によっても印象が変わってきます。幅は普通、細いほど、繊細で優雅なイメージ、太いほど、どっしりとした重厚感を感じるデザインになります。
デザインの工夫が欲しい時はS字やV字型のものもいいでしょう。個性的で指を綺麗に長く見せてくれる効果があり、他の指輪と重ね付けした時に映えるデザインです。二人のイニシャルやモチーフなどをオーダーメイドして入れてもらうのも思い出になっていいですね。

結婚式での指輪交換は

結婚式のハイライトともいうべきシーンが指輪交換です。神父の前で二人が誓いの言葉を述べた後、向い合って、指輪交換の儀式が行われます。まずは男性から女性へ、続いて女性から男性へ、お互いの左手の薬指にはめていきます。 簡単そうに見えますが、いざ、みんなの見守る前で行うとなると意外に緊張してしまうものです。 女性はグローブをはめているときは前もって外しておきます。ゆっくりと落ち着いて外しましょう。外したグローブは介添人等に預けます。 婚約指輪は、右手の親指と人差し指で持ち、相手の指先に自分の手を添えて、落ち着いてはめましょう。指を間違えないように注意します。自分がはめてもらうときは左手が相手に見えやすい高さに上げるのも指輪交換をスムーズに行うコツです。 指輪の交換が終わったら、誓いのキスが交わされ、二人の結婚が宣言されます。

高崎にはたくさんの宝石店があり、色々見て好みと予算に合ったものを探すことができるので結婚指輪を高崎で選ぶのが得策です。

© Copyright Guidance For Married. All Rights Reserved.